腕脱毛したい!

MENU

思わず羽織を脱いだ時

思わぬときに、ムダ毛が気になることってありますよね。

私が腕のムダ毛が気にするのは、羽織ものを脱いだときです。夏場など、暑くて肌を見せることのありそうなときは、予め処理をしておけるのでいいんです。注意したいのが、まだ風の涼しい春先のように、何か羽織っている時。

ミュゼのバナー

朝から少し肌寒いくらいで、脱ぐつもりがなく上着を羽織っていたものの、日中の暑さに思わず脱いでしまったら、腕のムダ毛が・・!ということが多いです。

特に、子供の運動会は5月に行われるので、半袖にはまだまだ寒い時期。
私もカーディガンを羽織ることにしましたが、インナーには春らしく半袖を着ました。

しかし、朝は肌寒くても、ずーっと外で日差しに照らされていると暑くなるんですよね。人数が足りないときは、突然親子競技にも駆り出されたりもします。次第に汗もかき始め、我慢できずカーディガンを脱ぐことに。

一緒にいたママ友達と、暑いね〜なんて一緒に脱ぎながら話していると、と相手の腕が目に入ります。

ツルツルと綺麗に処理されているママ友達の腕を見て、ハッとするわけです。
自分のは処理していなかった・・!と。

普段からきちんとしておけばいいんですが、行事の前は忙しくて頭が回らないことが多くて・・・。
今年こそは失敗しないように、前々から綺麗にしておきたいと思います。

ちなみに、千葉の方が腕の脱毛をする場合
一番オススメしたいサロンといえば、ミュゼ千葉店です。

千葉 脱毛

その他にも、TBC千葉店や脱毛ラボ千葉店などもオススメで
脱毛する部位によって選ぶこととが重要です。

http://脱毛千葉jp.net/

半そでで周りの様子に気が付いた

夏になり、半そでを着るようになった時に、ハッとしたことがありました。友達みんなが、腕のムダ毛がなかったからです。

私は、正直出遅れたというか、処理を怠ってしまっていたので、一人だけぽつんと浮いたような感じになってしまったのです。友達は、特にムダ毛の話をすることもありませんでしたし、私からムダ毛の話をすることもありませんでした。とにかく、その日は気まずいという感じだったんです。

一人だけ腕のムダ毛がしっかり生えているので、恥ずかしくて仕方がありません。なんとなく腕を後ろに回りてみたりして、周りから腕が見られないようにしたりもしました。

暑くなってきたら、すぐに、腕のムダ毛は処理しないといけないと痛感しました。

天気予報で暑くなると言っていることがあれば、その日までには腕のムダ毛を処理しておくようにしようと決意もしました。一人だけムダ毛だらけの腕なんて、あんな恥ずかしい思いはもうしたくないからです。電車の中でさえあまり腕を見られないように手で隠すような感じでいたりしていたほどです。

半そでになってしまうと、腕が丸見えになります。
女性なら身だしなみとしてムダ毛の処理をするのが当たり前の世の中なので、この日のことは忘れないように肝に銘じたいと思います。

七分袖の悲劇

以前、勤務していた会社の近くに、ランチでよく利用していたイタリアンのカフェレストランのようなお店がありました。

パスタがとってもおいしくて、一人でも同僚ともよく使用していました。
そこのアルバイトかなにかのスタッフのお兄さんがとてもかっこよくて、実はひそかに恋心を抱いていました。

うちの会社は私服勤務です。
春先になって、長袖もうっとうしくなり、七分袖のカットソーを着ていた日のことです。いつものようにお気に入りのそのカフェレストランに休憩時間にランチをしに行って、かっこいい男性店員さんも働いていました。

私の注文を取ってくれたり、配膳してくれたりとテーブルの担当をしてくれて「ラッキー!」と思っていました。

おいしくランチをいただき、お会計をするときもレジをその男性スタッフさんがしてくれました。お金を手渡しするとき悲劇が・・・久しぶりの七分袖で、彼の手にお金を乗せようと伸ばした私の腕。

七分袖からのぞく私の腕。

まずい、毛の処理してないということに気付きました。しかもその時に限って結構生えていたんです。

彼の目線がちょっと痛かったのをよく覚えています。

長袖だから見えない時を抜いていた冬。春に衣替えする季節、夏服になる季節、もっともっと注意しないといけないなと実感しました。

これはマズイと思った瞬間

小学生、中学生、高校生とずっとずっとムダ毛に悩まされてきました。

肌を露出する季節や体育の授業の時には特に気になり、私はバスケットボール部だったので練習中や大会の時も毎度毎度ムダ毛に悩ませれてきました。

中学生の頃からカミソリで自己処理をはじめました。

もともと毛深く長くて太いムダ毛。

お風呂タイムに剃っていましたが剃った後にはジョリジョリとした感触が…どんなに丁寧に処理をしても次の日のお昼頃にはジョリジョリしていました。バスケ部では身体の接触が多いのですが、女の子同士で腕がこすれるとお互いにジョリジョリしてちょっと気まずい空気になっちゃいました。

男女で一緒に練習をする機会もあり、当時私は男子バスケ部に好きな人がいたので嬉しい反面腕のジョリジョリがすごく気になってしまいました。

中学生・高校生の時はムダ毛処理方法の選択肢がないので、ジョリジョリしていても仕方がないと思うしかなかったのです。その後私は幼稚園の先生になりました。

1年目の夏のある日。。。

いつものように子どもを手をつないで園庭で遊んでいたときに「先生の手、お父さんのお髭みたい!!」

と言われ、一瞬時がとまりました。

この時からもう腕のムダ毛のことが頭から離れません。ボーナスが出たので脱毛専門サロンに通い始めました。